apaini

アパイニ No. 17 バリの結婚式

v41-03

バリの街中を歩いていると見かける住宅の門の前に建てられた豪華な装飾と二本の七夕の竹のようなペンジョールのお飾りは『パウィワハン(ウィワハ)』と呼ばれる結婚式のために準備されたもの。そこで結婚式をしている目印でもありますが、さてさてバリの結婚式って一体どんなものでしょうか?

APA INI豆知識!

★バリの結婚式を知ってみよう!

■結婚式の流れ

v41-15
1,新郎とその家族が新婦宅を訪れ、結婚のお願いをする。
2,新婦家族の了承を得た後に、結婚式などの日取りを決める話し合いを形式的に行う(本当は前から決まっている)
3,女性の村から籍を除き、男性の村へ籍を移す。
4,新婦を新郎宅に連れて帰る。
5,後日結婚の儀式を執り行う。(新結婚式当日)
6儀式が終わると、親せきや知人がお祝いに訪れる『レセプシ』が行われる。(新結婚式当日)
v41-14

■結婚式の中で行われる儀式いろいろ

v41-19
わかって見るとおもしろい!結婚式の中で行われる儀式いろいろ

ムダガンダガガン

新婦が売り子になり、新郎が古銭で買い物をするお買い物ごっこ➡金運のため

v41-17

ムロベッ・パンダン

クリスで処女の象徴であるパンダンの葉で編んだものを刺す。

プクル・パンタッ

新郎がホウキで新婦のお尻を叩く➡苦難を一緒に乗り越える象徴

v41-18

ポトン・ブナン

結婚を機に、青年から既婚者として新しい人生を始める象徴として糸を切る。

【結婚とカースト】

バリでは父系制(patrilineal)の家族形態のため、女性の階級は結婚した男性の階級によって変わります。なので高い階級の女性が下の階級の男性と結婚する際にはいまだに多少の抵抗がある地域もあるのだとか。

v40-14-04

Writers Voice プレウェディングという写真撮影が人気!!

バリでも結婚式は人生の一大事。日取りはそれにあったハリバイク(吉日)から選ばれます。特に210日に1回のガルンガン・シーズンが終わった後には結婚式のシーズンを迎え、あちこちで結婚式が行われます。最近ではこれまで行われていた儀式以外にも、指輪交換が取り入れられたり、結婚式で飾るための豪華な写真をとるためのプレウェデイングなんかも人気です。こうやってバリの儀式も少しずつ変化しているんですね。
v41-20

●注:この記事の情報は地域によって異なることがあります。

Photo & written by CHIE